BOOK

天才を殺す凡人 北野唯我 読んでみた|感想

凡人会社員ブロガーの なつ です

今回読んでみた本は

『天才を殺す凡人 職場の人間関係に悩む、すべての人へ』

著者:北野唯我(きたの ゆいが)

という北野唯我さんが書いた本です。

”天才を殺す凡人”という部分に「ん?」

っとなりました。

天才というと凡人より優れている人を

指す言葉だと思いますが、

その凡人が自分より優れている人を殺してしまうとは

どういうことだろうとタイトルに魅かれ読んでみました。

サブタイトルにある”職場の人間関係に悩む人”にはもちろん、

悩んでいない人にも役に立つ1冊となっています。

 

この本はこんな方におすすめ

  • 天才になりたいと思っている人
  • 自分が何をしたいのか分からない人
  • 何かに挑戦することをあきらめている人

北野唯我とはどんな人物?

北野唯我  -Kitano Yuiga-

兵庫県出身。神戸大学経学部卒。博報堂に入社。

経営企画局・経理財務局で勤務後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。

同社の最高戦略責任者であり、子会社の代表取締役を兼務。

 

著書には『このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法』(ダイヤモンド社)等がある。

 

人の才能は大きく分けると凡人・秀才・天才の3タイプ

人の才能には大きく分けて凡人・秀才・天才といった3つの才能に分けられる。

“共感性”で物事を評価する凡人

“論理性”で物事を評価する秀才

”創造性”で物事を評価する天才

 

僕は完全に凡人タイプです。

 

あなたはどのタイプですか?

自分に配られたカードで戦う

凡人が天才になろうとしてもなれないのは誰しも想像がつくと思います。

「天才になりたい」「秀才に生まれたかった」

そんな事を考えていても疲れるだけ

それよりも自分に配られたカード(才能)が何かを知ること

あなたはあなたの強みを活かしていきましょう。

北野 唯我さんがこの本を書いた理由

北野さんはあとがきに、

「なぜ、この本を書いたのか?」

と問われたらこう答えると書いてあります。

「人の可能性を阻害するものに、憤りを感じるから」

-天才を殺す凡人 より-

世の中には国籍や職業など「その人のせいだけではない理由」

で足を引っ張られることが山ほどあり、

そのシチュエーションを見るたびに憤りを感じておられたようです。

最後のほうにはこうも書かれておられます。

「新しい挑戦をしようとしている人」に、そっと紹介してあげてください。

-天才を殺す凡人 より‐

もちろん紹介するの一択です。

あなたがもし何かに挑戦することを諦めているのならぜひこの本を手に取ってみてください

1度失敗して「自分には能力がない」と思うのではなく、

自分に与えられたカードを出し続けることが大切だと気付かされた1冊です。

閲覧いただきありがとうございました。

 

-BOOK